『それでも種をまく』 DVDを販売します

『それでも種をまく』のDVDを販売します。ゆうちょ銀行の郵便振替にて、住所、宛先、枚数、言語(日本語、英語、中国語)を明記してお振込みください。

 中国語(簡体字)のPAL版、ドイツ語のPAL版、タイ語のPAL/NTSC版、ベトナム語のPAL版も完成しました。

・言語 日本語
    英語(字幕・NTSC)
    中国語(字幕・簡体字・NTSC/PAL)
    タイ語(字幕・PAL/NTSC)
    ドイツ語(字幕・PAL)
    ベトナム語(字幕・PAL)
    フランス語(字幕・PAL)New
・価格 1,600円(各言語1枚・送料込み)
・郵便振替
  口座番号 00260−1−116938
  加入者名 国際有機農業映画祭
・お問い合わせ video@yuki-eiga.com
『それでも種をまく』
『それでも種をまく』DVD
2011年/日本/24分
構成:小池菜採
制作:国際有機農業映画祭

※中国語(繁体字)、韓国語も制作中です。


放射能汚染に“それでも種をまく”有機農家

 DVD予告編・字幕版上映会予定

 福島第一原発の事故と放射能汚染に直面した福島県などの有機農家は、どう対応したのか。放射能に汚染された田んぼや畑に、それでも種をまいた農民。移住し新たな農業を始め、若い人たちに経験を伝え始めた農民。九州から福島へ、野菜を送り続ける農民。消費者と協力して測定機を購入し、どれだけ汚染されているかを自ら測り始めた農民。国際有機農業映画祭は、原発事故の放射能汚染によって、暴力的に断ち切られた“つながり”を取り戻すために、種をまこうとしている人びとの姿を追い、『それでも種をまく』を制作しました。

それでも種をまく

 郡山市の有機農家・中村さんは「やっぱり、ものをつくって初めて農家なんだよな。だから一回でも途切れると、気持ちがグラグラして」と云う。東電本社前に“東電 俺げの田んぼ汚したな 許せねー”とムシロ旗を揚げました。中村さんの冬にも水を張る「冬水田んぼ」は、白鳥が飛来し、生き物の循環する田んぼ。放射能汚染に「農家、補償してもらえっからいいってもんでなくて、農業そのものができねえことが心配だった」。2週間遅れで稲の種を播きました。

 二本松の有機農家・大内さんは、「もし万が一、セシウムが出たら、それは除染してくれたんだと思って、処分するしかない」と、種を播きました。夏、ほとんどの野菜が「不検出」の結果に、「土の力とね、作物の賢さなのかなって気がしてるんです」と語る。しかし一方では、長年の提携消費者が離れるという現実にも直面しました。放射能への不安が、これまでの信頼関係を断ち切ったのです。

 二本松の有機農家・丹野さんは、放射能汚染を前にして長野県上田市に移住しました。上田市の「食と農のまちづくりネットワーク」が協力して、地域の人たちの支援を受けての農業の再開でした。丹野さんは「大変なのはわかってっけど、俺らの大変なのよりも、ちゃんとしたもの届けねえほうがもっと大変かなあって思ったから」と語ります。そして、有機農業を学ぼうとする地域の若い人たちと、勉強会という新しい「種をまく」ことを始めました。「俺らはもう歳も歳だから、たいしたことはできない」けれど「聞きたい方があれば話して、それでみんなでやっていけばいいなと思っています。」と語ります。

 田村市船引でエゴマで地域づくりに取り組んできた橋本さんには、北九州の吉原さんが支援の野菜を送り続けていました。「私も今までね、長い間、みんなの力を借りながら有機野菜を作っておりました。ちっちゃな力ですけど、受け入れてくださる方があって、送ることができるっていうこと非常に感謝して、多めに作付けをして少しでも喜んでいただけたらと」と吉原さんは語ります。放射能汚染が新しい“つながり”を作りました。

 石岡市八郷の筧さん。仲間の有機農家や消費者の支援で放射能測定器を購入し、自主測定を始めました。「測定するってのはね、安全だってことを主張するためじゃないのよ。どれだけ汚染されてるかってことを明らかにしてみんなでそれを考えたい」「有機農業の場合は、誰が作って、誰が食べるかって分かってる。誰が作ったものか分からない人は、マーケットで買うのなら、政府の基準でやる以外ないのよね。でも、我々は自主的にできるんですよ。ここまで一緒に我慢しましょうとか、これ以上のものはもう、子どもには食わせないようにしましょうとか、そういうことを、消費者と信頼関係でやってきた有機農業だけができる」と、これまで農家と生産者が築いてきた関係への信頼は揺らいでいません。

「土、地域、人、循環するいのち。つながりの中にある有機農業。そのつながりを原発事故は一瞬にして断ち切りました。それでも汚染を乗り越えて実る作物があり、未来を模索する百姓たちがいました」。放射能との闘いは始まったばかりです。

『それでも種をまく』
『それでも種をまく』DVD
2011年/日本/24分
構成:小池菜採
制作:国際有機農業映画祭

DVDを販売します

『それでも種をまく』のDVDを販売します。ゆうちょ銀行の郵便振替にて、住所、宛先、枚数、言語(日本語、英語、中国語)を明記してお振込みください。
・言語 日本語
    英語(字幕・NTSC)
    中国語(字幕・簡体字・NTSC/PAL)
    ドイツ語(字幕・PAL)
    タイ語(字幕・PAL)
    ベトナム語(字幕・PAL)
    フランス語(字幕・PAL)
    中国語(字幕・繁体字・NTSC)
    スウェーデン語(字幕・PAL)New
・価格 1,600円(各言語1枚・送料込み)
・郵便振替
  口座番号 00260−1−116938
  加入者名 国際有機農業映画祭
・お問い合わせ video@yuki-eiga.com

 予告編と英語字幕版などを公開しています。(別ウィンドウで開きます)

 昨年秋の公開後、大阪、名古屋、栃木で上映しました。今年もいくつか予定が入っています。

    【上映予定】
  • 3月31日(日) 食と農のドキュメンタリー上映会 10時、14時の2回上映。タネの交換会同時開催
          会場:山形県長井市・置賜生涯学習プラザ
          主催:ribon −食と農をつなぐネットワーク−
           http://okitamaribon.blog.fc2.com/

  • 【終了しました】
     2013年
  • 2月23日(土) 被ばくからこどもをまもる! 二本松の取り組みから学ぶ講演と映画会 13時
          会場:国分寺労政会館(JR国分寺駅南口徒歩5分)
          主催:TEAM二本松と被ばくからこどもをまもる実行委員会
  •  2012年
  • 12月9日(日) 第4回三鷹いのちと平和映画祭 10時
          会場:沙羅舎B1「夢遊空間」JR三鷹駅南口玉川上水風の散歩道6分
          主催:三鷹いのちと平和カツドウ事務局
           http://www.mitakaff.com/dai4kai.html
  • 7月21日 レイバー映画祭・<私たちが撮った3.11> 13時〜
          田町交通ビル6階ホール(JR田町駅)
          料金:当日1500円 前売1300円
           http://www.labornetjp.org/news/2012/0721annai
  • 7月15日 広島上映会−原発事故と有機農業 15:30〜17:00
          広島女学院大学
          トークゲスト:坂本重夫さん(三原市の有機農家)
          料金:無料。ただし、この上映会は「カルチュラルタイフーン」の中の一企画として行われるため、カルチュラル・タイフーンの入場券が必要。
          問い合わせ:安藤 070-5075-5711
           http://cultural-typhoon.com/2012/index.html
  • 4月29日 木乃久兵衛(国立) 14時、17時
          『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜』と併映
          主催:映画『シェーナウの想い』を観る国立の会
          問合せ:キノ・キュッヘ:木乃久兵衛(042-577-5971) 地図
  • 4月15日 [TA・MA・NA・BI] 市民の学び舎・たま分科会
          恵泉女学園大学南野キャンパス/1階視聴覚室
          東京都多摩市南野2-10-1 tel 042-376-8211
           プログラム
  • 3月25日 幸せの経済学国際会議(米国・バークレー市)
           http://www.theeconomicsofhappiness.org/conference
  • 3月25日 [TA・MA・NA・BI] 市民の学び舎・たま分科会
          恵泉女学園大学南野キャンパス/1階 オープンカフェ
          東京都多摩市南野2-10-1 tel 042-376-8211
           http://tama9-jo.at.webry.info/201203/article_1.html
  • 3月11日 日本有機農業研究会全国大会・総会
           http://www.joaa.net/moyoosi/mys-111-1209.html
  • 3月9日 インド・バンガロール
        「Remember Fukushima & Campaign for a Nuclear Free India」
          ※英語字幕版で上映
  • 2月19日 インド・バンガロール「Living under the Shadow of Fukushima」
          ※英語字幕版で上映
           THE HINDU, Voices from the aftermath of Fukushima
  • 2月9日 「第44回東文研・ASNET共催セミナー:ドキュメンタリー映画を見る」
          (東京大学東洋文化研究所)
           http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/node/7252
  • 2月1日 32th ANNUAL ECOFARM CONFERENCE(米国・カリフォルニア)
          ※英語字幕版で上映

  お問い合せ


2012年も各地で開催 有機農業映画祭・上映会

 2007年の国際有機農業映画祭をきっかけに、全国各地で有機農業映画祭や上映会が開催されています。国際有機農業映画祭運営委員会は、こうした各地の映画祭に協力しています

 ■大阪市:オーガニック映画祭in大阪
  2012年11月25日(日) 
  詳細: http://blog.livedoor.jp/osaka_yuki_eiga/

 ■うつのみや市:とちぎ国際有機農業映画祭
  2012年12月2日(日) 
  詳細: http://blog.yuki-eiga.com/?eid=1391119


【終了しました】
 ■名古屋市:なごや国際オーガニック映画祭2012
  2012年2月19日(土) 
  詳細: http://blog.yuki-eiga.com/?eid=1391102

 ■盛岡市:【農家が発信する自主上映会 】
  2012年1月29日(日) 
  詳細: http://blog.yuki-eiga.com/?eid=1391103

【農家が発信する自主上映会 】(岩手県盛岡市)

Initiative(イニシアティブ)とは?

120129_農家が発信する自主上映会
◆意味・・・『自ら率先して物事を取り組むこと』

私達が率先してやるべきことのひとつ、『未来の子供たちへ、生命力の強い種子を残すこと』。生命力とは、環境の変化に対応できるように多様性能力を 持ち、次の世代へと繋げる機能だと私は感じてます。悲しい事に現代の農産物の9割は、生命力(多様性)に欠 ける「F1種」です。

この事がどんな影響を及ぼしているか皆さんにお伝えし、生命力のある種子「固定種」とそれを広めるための自然栽 培を、身近なところから楽しく、皆さんと一緒に取り組みと思い 、『Initiative(イニシアティブ)』を開催します。

【Vol.01 農的コミューン】

種の話をする前に、基本となる農業生産者と消費者のあり 方について、再認識する必要があると思い、Vol.01のテーマを『 農的コミューン』としました。

生産者がいくら唱えたところで、それを理解し必要とする消費者がいなければやる意味がありません。生産者と消費者が農産物を通して『コミュニティー』が生まれる事が『農的コミューン』だと思いますし、それには互いの理解が必要だと思います。

今回上映する2作品は、アメリカと日本の作品です。日米の活動比較から相違と同一を見い出し、これからのコミュニティーファームを実現するための起爆剤にしたいです。


 日時:1月29日 13時〜
 会場:れむり庵(盛岡市茶畑2-11-7)
 上映作品:『農民ジョンの心の土』(国際有機農業映画祭2007上映作品)
      『未来を見つめる農場』(国際有機農業映画祭2009上映作品)
 参加費:2,000円
 主 催:自然栽培 Cosmic Energy(担当:田村)
     http://ameblo.jp/synagy/entry-11128702741.html
      090-9360-6413 / earth.trip80@gmail.com

なごや国際オーガニック映画祭2012

なごや国際オーガニック映画祭2012

 なごや国際オーガニック映画祭、有機農業とそれをとりまく環境問題、地域とのつながりなどについて知って、考えるきっかけを与えてくれるような映画を上映します。映画祭を通して、有機農業に取り組む人たちや生活者が新しいつながりを生み出す機会にしたいと考えています。

この映画祭では、有機農業についての映画5本の上映と映画の内容に関連したトーク、ブース展示、オーガニック&フェアトレードカフェを行います。有機農業での就農、土づくり・堆肥についての相談コーナーも開設します。

 日 時:2012年2月19日(土)10:30(開場10:00)〜18:40
 会 場:ウィルあいち
 上映作品:『幸せの経済学』
      『エコ田んぼ』
      『根の国』(国際有機農業映画祭2007上映作品)
      『暴走する生命』(国際有機農業映画祭2011上映作品)
      『ビヨンド・オーガニック』(国際有機農業映画祭2009上映作品)
 参加費:1)前売りチケット...1,700円(2月18日まで販売)
     2)ペアチケット...3,000円(1月19日まで販売 限定100セット)
     3)当日チケット...2,000円
 主 催:なごや国際オーガニック映画祭実行委員会
     http://nicfoa.com/index.html
 共 催:全国有機農業推進協議会
 問合せ:なごや国際オーガニック映画祭事務局 担当:よしの
      TEL:052-265-8371


国際有機農業映画祭もtwitter

  • メールアドレス

     
  • バナー:お問合せ
  • バナー:上映作品募集
  • バナー:上映作品カタログ
  • バナー:貸出・上映会
  • バナー:3分ビデオ
  • バナー:サポーター募集
最新情報
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
地域映画祭・上映会
作品貸出
リンク

archives

search this site.

others

mobile

qrcode