国際有機農業映画祭2008 開催情報



会  場国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟
417号室(4F、300名収容) 416号室(4F、160名収容)
101号室(1F、200名収容)
309号室(3F、160名収容)
期  日2008年11月16日(日)
開催時間9:00〜21:00(8:40開場)
参 加 費 2000円(事前申込)
主  催国際有機農業映画祭実行委員会/東京ピースフィルム倶楽部
後  援有機農業推進議員連盟 学校法人・アジア学院 明治学院大学国際平和研究所
NPO法人日本消費者連盟 (社)フックサリム(韓国・土を生かす会)
協   力NPO法人日本有機農業研究会
協   賛株式会社オルター・トレード・ジャパン 秀明自然農法ネットワーク (株)影山製油所
(財)自然農法国際研究開発センター 労働大学出版センター 全日本農民組合連合会
パルシステム生活協同組合連合会 さくら・市民ネットワーク 地球的課題の実験村
七つ森書館 (有)コモンズ
協賛・賛同のお願い
徒手空拳で始めた国際有機農業映画祭です。映画祭の趣意をご理解いただき、本年も協賛・賛同をお願いいたします。協賛団体のお名前はプログラムおよび映画祭公式ホームページに、賛同いただいた個人の方はプログラムにお名前を記載させていただきます
  協賛(団体):一口1万円
  賛同(個人):一口1千円
    >> 協賛・賛同のお願い [PDF]

 ●チケットについて
会場の都合により、事前のお申し込みによる前売りのみとなります。
当日券はありませんのでご注意ください。
チケットをご希望の方は、10月20日までに下記のFAX、Eメールのいずれかでお問合せください。代金の振込みをもってお申込となり、チケットを郵送します。
9月1日より受付開始します
  チケット受付:種子ネット
    FAX:046-276-1064  E-mail:info@yuki-eiga.com
    ≫ お問い合わせ

 ●特別企画1: 309号室 19:50 〜 21:00
『いのち耕す人々』の上映後、映画の舞台となった山形県高畠町の有機生産者お二人をお招きし、高畠町の有機農業を語っていただきます。あわせて交流会を開催します。そして、首都圏の提携消費者を交えて「提携」とこれからの展開について議論します。

 ●特別企画2: 416号室 13:00 〜 13:30
講演「有機農業こそ食糧危機解決の道! −国連国際会議の結論とその報告−」
講師:田坂興亜氏(元アジア学院校長。有機リン化合物専門家)
 2008年4月に南アフリカで欧米を含む約60カ国の政府、NGOなどによる「開発のための農業技術評価」(IAASTD) が開催されました。その会合では、有機農業こそが21世紀の農業方式であると宣言されました。この会合の議論と結論を田坂興亜さん(元アジア学院校長。有機リン化合物専門家)解説していただきます。

 ●特別企画3: 101号室 9:30 〜 11:30
福岡正信さん追悼プログラム。8月16日、自然農法を提唱し実践された福岡正信さんが95歳亡くなられました。福岡さんをしのび、福岡さんのインドの旅を追ったドキュメンタリー映画「地球で生きるために ― 福岡正信インドへ行く」を上映し、今泉光司監督のお話をお聞きします。

 ●映画祭のフライヤー兼パンフレット
 ダウンロードしてお使いください。
 ※閲覧・印刷にAdobeReaderが必要です。
パンフレット(表面)パンフレット(タイムテーブル)
おもて面(2.3MB)タイムテーブル(1.8MB)
福岡正信さん追悼プログラム
福岡正信さん追悼プログラム(1.75MB)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

国際有機農業映画祭もtwitter

  • メールアドレス

     
  • バナー:お問合せ
  • バナー:上映作品募集
  • バナー:上映作品カタログ
  • バナー:貸出・上映会
  • バナー:3分ビデオ
  • バナー:サポーター募集
最新情報
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
地域映画祭・上映会
作品貸出
リンク

archives

search this site.

others

mobile

qrcode