国際有機農業映画祭−晴海バージョン


終了しました。多くの皆様のご来場、ありがとうございました。

オーガニックフェスタと同時開催 2008年4月12日
国際有機農業映画祭−晴海バージョン

 東京・晴海のオーガニックフェスタの関連イベントとして“国際有機農業映画祭−晴海バージョン”が開催されます。昨年11月の国際有機農業映画祭2007での上映作品に『いのち耕す人びと』を加えた秀作ドキュメンタリー6本を上映します。

プログラム

いのち耕す人々  10:00〜11:40
   2006年/日本/100分
   監督・脚本 原村政樹 制作:桜映画社
農家の半数が有機農業に取り組んでいる山形県高畠町で有機農業が始まったのは32年前。周囲の農家からは変わり者扱いされながら38人の若い農民たちが農薬や化学肥料に頼る近代農業に疑問を感じ有機農業を始めた。地域で孤立する有機農家を支えたのが都市の消費者たち。高畠町の有機農業32年の歴史を伝え、さらに都会人と農民との交流の魅力を描く。

根ノ国  11:50〜12:15
   1981年/日本/25分
   監督:荒井一作 制作:マルタ柑橘生産組合
「世界初土壌微生物の映像化」。ほんの小指の先ほどの土の中にうごめく無数の生命。堆肥となる過程で関わる植物、小動物、微生物の見事な生命連鎖。「何を殺そうというのか、人間は?」とそれを破壊する空散ヘリの農薬を問う。


 <昼休憩> 12:15〜13:00

食の未来 (日本語吹替版) 13:00〜14:30
   2004年/米国/90分
   監督:デボラ・クーンズ・ガルシア 制作:リリーフィルム
   日本語版制作:日本有機農業研究会科学部 2006年
食料システムがかつてない変化に曝されており、ほとんどの人はその影響がどれほどのものか気付いていない。農場から食卓まで世界の食に企業支配が着実に進んでいる。最大の争点は、現在最も複雑な科学である遺伝子操作で環境や生物全体に計り知れない影響を及ぼす可能性がある。そして規制のあり方、農業、消費者、健康、道徳の問題を問い直す必要がある。これとは違う道、小規模家族農業や有機農業への関心が強くなってきている。

種をまもれ! (日本語吹替版) 14:40〜15:10
   1994年/インド/30分
   監督:ミーラ・デワン/研究顧問 ヴァンダナ・シヴァ
   制作:サウス・ビュー・プロダクション
   日本語版制作:アジア太平洋資料センター(PARC)1998年
種や苗に「知的所有権」が認められ、企業の特許料がかかる。インドで何世紀も地域の人びとに利用されてきた薬用植物ニームは、アメリカ人が特許を取って農薬として売り出した。自分たちの種と食料、命を守るため立ち上がったインドの農民女性たちの姿を描く。

あぶない野菜  15:20〜15:50
   2002年/日本/30分制作:アジア太平洋資料センター(PARC)
   監修:大野和興・西沢江美子
安い輸入野菜は本当に安全? 輸送にかかる環境負荷は? 利潤を追求するグローバルなアグリビジネスの思惑と日本の農業の現状、私たちの食生活を考える。

サルー!ハバナ  16:00〜16:33
   2006年/日本/33分
   監督:井坂泰成 制作:office ISACA
200万都市が有機農業で自給・・・音楽、ダンス、野球だけではない、キューバの新しい顔。それは、都市農業。町のいたるところに畑を作り、野菜や果物を無農薬で栽培。市民の食糧を都市の中でまかなっている。

---------------------------------------------------------------------
日 時:2008年4月12日(土)10:00〜16:30

場 所:中央区晴海区民館1〜3号室  >> 地図
     東京都中央区晴海1-8-6 TEL:03-3531-5571
     都営大江戸線勝どき駅下車A2a出口 徒歩10分

当日受付にて整理券を実費1000円と引き換え、整理券提示で出入り自由です。

主 催:国際有機農業映画祭実行委員会

協 力:NPO法人オーガニック協会



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

国際有機農業映画祭もtwitter

  • メールアドレス

     
  • バナー:お問合せ
  • バナー:上映作品募集
  • バナー:上映作品カタログ
  • バナー:貸出・上映会
  • バナー:3分ビデオ
  • バナー:サポーター募集
最新情報
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
地域映画祭・上映会
作品貸出
リンク

archives

search this site.

others

mobile

qrcode