国際有機農業映画祭2011 ありがとうございました

 11月19日(土)、20日(日)の2日間にわたって開催しました国際有機農業映画祭2011には、北海道から九州まで、全国各地から延べ600人を超えるみなさんにご参加いただきました。ことに19日は、悪天候にもかかわらず、朝一番から多くの皆さんにご来場いただきました。ありがとうございました。


 今回は、3月11日の震災と原発事故に、一時は開催中止も考えましたが、こういったときだからこそと、「それでも種をまく」をテーマに原発・放射能と有機農業を考える作品を選びました。そのうち4本が日本初公開作品でした。


 初めての試みとして『それでも種をまく』を自主制作し、上映しました。同時に、これから長く続く放射能との闘いを前にして、福島と福岡の有機農家のみなさんたちによるシンポジウム「有機農業を続けられるか?」で、その可能性を探りました。


 2日目は、遺伝子組み換え作物やネオニコチノイド系農薬被害などをテーマとした作品上映しました。合わせてシンポジウム「有機農業で生きていく」で、有機農業とGM作物との関係について考えました。

IFOF2011:シンポ
シンポジウム「有機農業を続けられるか?」
IFOF2011:会場
満員の会場

■ 3分ビデオを公開しました

 今年の3分ビデオ6作品を公開しました。


 今年の3分ビデオの一つに、福島原発事故で全頭殺処分に抗議して、300頭余りの牛を飼い続ける農場のレポートを上映しました。この農場については、日本国内では放映できず、シンガポールのテレビで放映されたとのことです。この農場の牛を飼い続けるための募金を募っています。
 詳しく >> 『全頭殺処分に抗議〜福島第1原発から14キロの牧場で〜』


コメント
コメントする








   

国際有機農業映画祭もtwitter

  • メールアドレス

     
  • バナー:お問合せ
  • バナー:上映作品募集
  • バナー:上映作品カタログ
  • バナー:貸出・上映会
  • バナー:3分ビデオ
  • バナー:サポーター募集
最新情報
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
地域映画祭・上映会
作品貸出
リンク

archives

search this site.

others

mobile

qrcode