こんな世の中、ひっくり返さなあきまへん

2012年の国際有機農業映画祭のテーマは、≪こんな世の中、ひっくり返さなあきまへん≫です。12月16日(日)、法政大学市ケ谷キャンパス外濠校舎 薩埵ホールとS505教室の2会場で開催します。今年から国際有機農業映画祭運営委員会と法政大学サステイナビリティ研究教育機構の共催です。学生と25歳以下の若者の参加費は1000円(当日、証明書の提示が必要です)です。また、15歳以下は無料(要予約)です。

 ・開催にあたって
 ・開催情報
 ・上映作品
 ・サポーター募集
 ・ボランティア募集
 ・協賛のお願い
 ・ブース出展募集
 

国際有機農業映画祭2012 開催にあたって

IFOF2012 上映作品カット
 あの3・11から二年になろううとしています。前回の2011年映画祭のテーマは「それでも種をまく」でした。従来の価値観が根底から問い直されていた時代状況のなかで、たったひとつ確かなものがそこにあるという思いで選択したテーマでした。
 2012年映画祭を迎え、有機農業を掲げる映画祭に携わるものとして、いま世の中に問えるものは何か。話し合いを重ね決まったのが、「こんな世の中、ひっくり返さなあきまへん」というテーマです。ゆるゆると土をつくり、虫たちと付き合い、雑草に価値を見出し、そんな有機農業の営みにこそ、この混沌とした時代の変革する鍵があると考えます。“ゆるゆる革命”をワクワクと楽しみながら一緒に歩き出しましょう。ご来場、お待ちしています。

2012年8月
国際有機農業映画祭運営委員会
共同代表  大野和興


 グローバル金融危機と「3・11」大震災・原発危機による深刻な「二重の危機」に揺れる日本。そこからいかに再生し、グローバルな持続的未来を開くのか、われわれは今、大きな課題を突きつけられています。金銭的利益を追い求める経済効率優先主義の中で、隅に追いやられてきた「衣・食・住・職(生業)・文化」が一体となった暮らし。歴史の風雪に耐えながら持続してきたその現場にこそ本当の知恵があり、大地の恵みを生かす農と暮らしのあり方には、危機を超えてゆく豊かな可能性があります。
 内外の映像を通じて、本映画祭が、持続的な未来を開く一助となるものと確信しています。

2012年8月
法政大学サステイナビリティ研究教育機構
研究企画運営委員長・経済学部教授
河村哲二



協賛のお願い

 6年目を迎えた国際有機農業映画祭、今年は法政大学サスティナビリティ研究教育機構との共催で12月16日(日)に法政大学市ヶ谷キャンパスで開催します。思いだけはいっぱいあっても、組織もお金もないものたちが集まり、なんとかここまでやってこられましたのも、従前よりご助力、ご協力いただいてきました皆様方のおかげと、心より感謝しております。

 2011年3月11日の出来事は、この社会のありよう、私たちのくらし、生き方、考え方に根底からの転換を迫りました。その中で私たちは改めて有機農業とは何かを考えざるをえませんでした。自然の循環と、自然と人の共生と、人と人の共存の上に成り立ち、その循環と共生と共存をつくりあげてきたものこそ、有機農業にほかなりません。3・11があらわにした現実を踏みしめながら、実践としての有機農業、行動としての有機農業、そして思想としての有機農業を、この映画祭を通して表現したいと私たちは考えたのです。
 こうして、昨年開催した前回の映画祭のテーマを「それでも種をまく」と定めました。従来の価値観が根底から問い直されていた時代状況のなかで、たったひとつ確かなものがそこにあるという思いで選択したテーマでした。それから1年、まいた種を行方は、いまも混沌としています。放射能への不安が続く中での原発再稼働、人びとの生存権を押しつぶすTPP、生命の秩序を破壊する遺伝子組み換え技術、貧困のさらなる拡大などなど、身の回りを見ただけで問題は山積みです。有機農業を掲げる映画祭に携わるものとして、いま世の中に問えるものは何か。話し合いを重ね決まったのが、2012年映画祭のテーマ「こんな世の中、ひっくり返さなあきまへん」です。ゆるゆると土をつくり、虫たちと付き合い、雑草に価値を見出し、そんな有機農業のいとなみにこそ、この混沌とした時代の変革する鍵があると考えたからです。

 映画祭の内容につきましてはこちらをご参照ください。テーマにそって内外の映像を揃え、私たちの“希望”を探るシンポジウムを開催します。すべての生命体が安心して生きていける世界をめざして、ゆるゆると“土からの革命”に踏み出す、そんな思いを参加者全員が共有できる空間を創りだしたいと願っています。
 そんな思いを込めた6年目の国際有機農業映画祭へのご協賛をなにとぞよろしくお願いいたします。協賛金は団体1口1万円(1口以上何口でも結構です)。ご協賛いただきました団体のお名前は映画祭のホームページ及び当日の資料に掲載させていただきます。また、協賛団体のみなさまには、映画祭当日にブース用のスペースを提供させていただくことも可能です。「団体名」、「連絡先(メールアドレスと電話番号)」、「ブース出展希望の有無」を明記のうえ、上記の連絡先にお送りください。どうかよろしくお願いいたします。

【団体】
   協賛金 1口10000円(1口以上何口でも可)

【お振り込み先】
●郵便振替を使う場合
   口座番号 00170−4−322709
   加入者名 国際有機農業映画祭実行委員会

●他金融機関からの振込
   銀行名 ゆうちょ銀行
   店番 019
   預金種目 当座
   店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
   口座番号 0322709
   口座名  国際有機農業映画祭

2012年10月
国際有機農業映画祭運営委員会

国際有機農業映画祭サポーター募集

国際有機農業映画祭は本年で6回目を迎えることができました。多くの皆様のお力に支えられた賜物と、運営委員一同感謝をしています。

映画祭の運営はこれまで必要経費のほとんどを映画祭当日の参加費(入場料)収入に依存し、全面的なボランティア体制で運営してきました。それでも毎年財政難に悩まされています。そこで、6年目を迎えるにあたり、映画祭を将来に渡り続けていくために、経常経費の一部なりとも安定的に確保したいということになりました。

具体的には、映画祭運営を支えていただくと同時に、様々のご意見をお寄せいただき映画祭をともに作っていただけるサポーター制を取り入れたいと考えています。

趣旨をご理解いただき、多くの皆様にサポーターになってただきたくお願いいたします。
1口1000円/年(何口でも可)です。

サポーターになっていただける方は、下記の振り込み口座にお名前・住所・メールアドレス(お持ちでない場合はFAX番号)を明記の上、お振り込みください。

●郵便振替を使う場合
   口座番号 00240−7−133560
   加入者名 国際有機農業映画祭実行委員会

●他金融機関からの振込
   銀行名 ゆうちょ銀行
   店番 029
   預金種目 当座
   店名 〇二九 店(ゼロニキユウ店)
   口座番号 0133560
   口座名義 国際有機農業映画祭実行委員会
なお郵送でお送りいただく場合は下記にお願いします。
 〒169−0051 
東京都新宿区西早稲田1−9−19−207
 国際有機農業映画祭 宛

(名簿は厳重に管理し、他に流用することは一切いたしません)

2012年7月
国際有機農業映画祭運営委員会

国際有機農業映画祭2011 ありがとうございました

 11月19日(土)、20日(日)の2日間にわたって開催しました国際有機農業映画祭2011には、北海道から九州まで、全国各地から延べ600人を超えるみなさんにご参加いただきました。ことに19日は、悪天候にもかかわらず、朝一番から多くの皆さんにご来場いただきました。ありがとうございました。


 今回は、3月11日の震災と原発事故に、一時は開催中止も考えましたが、こういったときだからこそと、「それでも種をまく」をテーマに原発・放射能と有機農業を考える作品を選びました。そのうち4本が日本初公開作品でした。


 初めての試みとして『それでも種をまく』を自主制作し、上映しました。同時に、これから長く続く放射能との闘いを前にして、福島と福岡の有機農家のみなさんたちによるシンポジウム「有機農業を続けられるか?」で、その可能性を探りました。


 2日目は、遺伝子組み換え作物やネオニコチノイド系農薬被害などをテーマとした作品上映しました。合わせてシンポジウム「有機農業で生きていく」で、有機農業とGM作物との関係について考えました。

IFOF2011:シンポ
シンポジウム「有機農業を続けられるか?」
IFOF2011:会場
満員の会場

■ 3分ビデオを公開しました

 今年の3分ビデオ6作品を公開しました。


 今年の3分ビデオの一つに、福島原発事故で全頭殺処分に抗議して、300頭余りの牛を飼い続ける農場のレポートを上映しました。この農場については、日本国内では放映できず、シンガポールのテレビで放映されたとのことです。この農場の牛を飼い続けるための募金を募っています。
 詳しく >> 『全頭殺処分に抗議〜福島第1原発から14キロの牧場で〜』


国際有機農業映画祭2011開催にあたって

スチール集合
 今年、国際有機農業映画祭はついに5周年を迎えました。いろんな思いを込めて「ついに」と書きました。組織もお金もない者どうしが集まり、よくやってこられたなあ、という思いがまずあります。私たちの映画祭がひとつのきっかけとなって、各地で同じ趣旨の映画祭がもたれるようになりました。これも5年間のたまものでしょう。

 もうひとつ、決定的な「ついに」があります。3月11日、東日本を襲った大震災、そして福島第一原発事故です。3月11日の出来事は、この社会のありよう、私たちのくらし、生き方、考え方に根底からの転換を迫っています。わたしたちは、これから何十年、何百年と続くであろうあらゆる生命体の危機のとば口に立ったばかりなのです。原発の暴発は地球上の生命を成り立たせている循環を壊し、その上に成り立っている自然と人、人と人の関係性を断ち切ってしまいました。

 それは、これまでつくる人・食べる人が手を携え、営々と築きあげてきた有機農業の存在をも破壊するものとして、わたしたちの前にたちあらわれました。同時にわたしたちは気づきました。有機農業こそが、原発という存在に立ち向かえるものであるということに。自然の循環と、自然と人の共生と、人と人の共存の上に成り立ち、その循環と共生と共存をつくりあげてきたものこそ、有機農業にほかなりません。3・11があらわにした現実を踏みしめながら、実践としての有機農業、行動としての有機農業、そして思想としての有機農業を、この映画祭を通して表現したいと私たちは考えています。

 そんな思いを込めて、わたしたちは、2011年有機農業映画祭のテーマを、≪それでも種(たね)をまく≫と決めました。ご一緒に、歩み出しましょう。


2011年9月
国際有機農業映画祭運営委員会一同
代表  大野和興


今年のテーマは 《 それでも種(たね)をまく 》

 今秋の第5回となる国際有機農業映画祭のテーマは「それでも種(たね)をまく」に決まりました。

 未曾有の震災と東京電力原発事故の中から《それでも種をまく》農民たちがいます。放射能汚染の地に残り《それでも種をまく》農民がいます。新しい土地へ移住し《それでも種をまく》農民がいます。こうした人たちを支えようとする人たちも長野県や九州など全国各地にでてきています。この人たちは、《それだから種をまく》のかもしれません。

 私たちは今年のテーマを、こうした“復興”への胎動へ寄り添い《それでも種(たね)をまく》というフレーズで表すことにしました。今年度の上映作品は、このテーマにそって選んでいこうと考えてます。

 恒例の3分ビデオも《それでも種(たね)をまく》をテーマとする作品を募集します。全国各地から《それでも種(たね)をまく》多くの人の想いをお寄せください。

国際有機農業映画祭2010 ありがとうございました

 11月27日(土)開催の国際有機農業映画祭2010には、全国各地から多くの皆さんのご参加をいただき、ありがとうございました。
 第4回映画祭、無事に終わりました。早いもので、この映画祭も4回を数えました。その4回目、11月27日の取り組みは、入場いただいた方が600人を超え、盛況のうちに終わりました。ご支援いただいている皆様のおかげと感謝しております。ありがとうございます。

 今回の映画祭のテーマは「たね・水・いのち」でした。テーマに沿いながらも、上映作品はバラエティに富み、それぞれ好評をいただきました。また、会場ロビーではテーマの一つ「たね」にちなむ展示ブースを設け、上映作品の一つでもある「種を採る人」の主人公、長崎県の農家、岩崎政利さんが長年かけて採取した地種の野菜を展示、人気を呼びました。

 来年はいよいよ5周年です。運営委員一同元気で頑張ります。ぜひご一緒にこの映画祭をつくりあげていただければ、望外の喜びです。
いいお年を。来年もよろしくお願いします。

国際有機農業映画祭運営委員会を代表して  大野和興 


IFOF2010:開場です!
開場です!
IFOF2010:会場
600人を超える参加者


IFOF2010:前日企画・ゲスト
有機農業を選択した経験をお話していただきました。窪川さん(左)、林さん(右)
IFOF2010:前日企画・会場
若者が目立った前日企画


IFOF2010:野菜展示
『種を採る人』の岩崎さんの野菜を展示
IFOF2010:自家採種のタネ
自家採種のタネも展示



次回は、2011年11月19日(土)、20日(日)を予定しています。



国際有機農業映画祭2010開催にあたって

 早いもので、国際有機農業映画祭は今年で4回目となります。毎回たくさんの方に来ていただいて、とても喜んでもらえて、やってよかったとうれしい気持ちになります。皆様のご支援の賜物と感謝しています。

 4回目の今年は11月27日(土)に、「たね・水・いのち」をテーマに開催します。有機農業とは、いのちの根源に迫る営みなのだということを映画祭全体を通して表現したいと考え、今回のテーマを設定しました。それは、有機農業というより、農業の本質なのだ、と私たちは考えます。

 農業はふたつの関係性の中で成り立っています。人と自然、人と人です。人は自然を丸ごと感じ、とらえ、あるいは自然にとらえられ、その自然との関わりの中から自然の力を引き出す農の営みをつくりだしてきました。自分たちのいのちを再生する行為がそのまま自然を生かす行為でもある、そんな関係を人は自然と取り結んできたのです。人と自然の共生と言い換えることができます。

 この共生の上に、人と人の関係性が重なり、“農の世界”が存在します。農業はひとりではできません。その地にかつて生きた人、その地にいま生きている人との共同が、現実の農の営みを支えています。

 しかし競争と効率を至上命題とする世界は、この共生と共同を壊すことで成り立ってきました。私たちは、有機農業にまつわる様々な映像を通して、“そうではないもうひとつの世界”を皆様とともに感じ、つかみとりたい、と願い、この映画祭に取り組んでいます。

 前回に引き続いて今回も、自然や農や食をテーマとする3分間の自主作品を募集しています。映画祭に賛同いただける方、当日駆けつけていただける方、自主映像で参加する方、すべての皆様とともに、“農の世界”からのメッセージを発信したいと願っています。ぜひご一緒に!

2010年8月
国際有機農業映画祭運営委員会代表  大野和興


国際有機農業映画祭2009開催にあたって

国際有機農業映画祭2009イメージ みなさまのご支援に支えられ、国際有機農業映画祭は本年、第3回を迎えることができました。おかげをもちまして2007年、2008年と行った映画祭はとても好評で、世代を超えて多くの方々に見ていただくことができました。
 私ども実行委員会でも、経験を重ねるごとに、有機農業が持つ深さと広さを発見し、圧倒される思いでいます。有機農業とは、単なる農業のやり方とか農法という枠組みを超えて、自然をどう捉えるか、森や水や土やそれらの中に存在する多様な種とどう向き合うか、といった、この世界を丸ごと捉える営みであり概念なのだという思いを深くしています。
 本年の第3回映画祭は、有機農業が持つこうした幅広さと奥深さを映画祭全体で表現したいと考え、プログラムを組んでみました。この20年、世界はすべてを市場に投げ込んで勝ち負けを競い合うという単純かつ冷酷極まりない価値観とシステムの下で、破壊され分断されてきました。そんな世界の状況に向き合いながら、自然と人とが織り成す関係のあり方を組み直し、その上に人と人とが本来持っているはずの関係性を再発見し、もやい直す。有機農業がもつそんな可能性を上映作品の中に見出していただければ、映画祭を企画したものとしてとてもうれしいことです。
 また、今回は見るだけでなく多くの方に映像作りの面でも参加する機会を持っていただこうと、自然や農や食をテーマとする3分間手作りビデオを募集し、上映する企画を実現しました。応募をお待ちします。
  映画祭、ぜひのぞいてください。そして感じ、楽しんでください。

 2009年8月
 国際有機農業映画祭実行委員会代表 大野和興




国際有機農業映画祭もtwitter

  • メールアドレス

     
  • バナー:お問合せ
  • バナー:上映作品募集
  • バナー:上映作品カタログ
  • バナー:貸出・上映会
  • バナー:3分ビデオ
  • バナー:サポーター募集
最新情報
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
地域映画祭・上映会
作品貸出
リンク

archives

search this site.

others

mobile

qrcode